エッジがエゾビタキ

こっち10年来の人付き合いになる紳士仲良しといった飲みに行ってきました。というのも、カレッジの仲良しの結婚に出たまま、やっぱりせつないというか切ない気分になってしまって、深夜ですのに誘っちゃったんです。普段は会社に垣根の無い様な日にちにかけてメールするのですが、ヒステリックになっちゃったので。紳士仲良しは、時間的にも性能系にも常々と違う姿を感じとってくれたらしく、「どうしたの?」といった会ったまま何度も聞かれてしまいました。

ミニセグウェイの品質について
こういう、紳士仲良し、今でも仲良しではあるのですが私としては片思いまん中です。家内がいるわけでもないので、紳士仲良しに巡り合う時折、婦人らしき着こなしに気をつけたり、デート盛り上がりを味わおうとしていらっしゃる。普段の冬季なんかは面倒臭がってムダ毛の対応もおろそかに行なうような干物淑女ですが、このときはきちんと「きれいなお姉さん」の宣伝で有名な設備で対応を通してます。けれども、これも本当は毎度面倒い。本当にショップとかにいって恒久脱毛してしまったほうが楽なんだよなと思っています。

紳士友だちには、よくそのやるせない盛り上がりを見せつけることもできませんでした。しばし、女らしく男性に寄りかかるようなこともしないといけないのかななんて思ったりもしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です